化粧水・トナー

正しい使用方法

みずみずしい肌を保つためには、最初に水分が大切です。水分を補い、かたくなったお肌を、しなやかにす役目が化粧水です。お肌は水分が多いものを一番奥底に浸透させますので、肌をうるおすことで、あとから使う美容液やクリームの、肌への浸透を高めます働きがあります。

1回で使う量は

1回の使用量は、500円硬貨大くらいの量です。商品によって異なりますが、化粧水の容器を6ー8回振ったくらいの量です。コットンで使う場合の目安は、コットンの裏側まで、十分ぬれるくらいの量です。手で使う場合の目安は、片手のひらからこぼれない位の量を2回分です。

コットンを、利き手でない方の中指または中指と薬指の腹にのせ、人さし指と薬指、または人さし指と小指で両端をおさえます。利き手で化粧水を持ち、コットンの裏側まで、十分ぬれるくらいの量を、たっぷりと含ませます。

肌に使うときは、コットンを利き手に持ち替えて、人さし指と薬指、または人さし指と小指でおさえて、コットンの水分を、肌に含ませるような気持ちでつけていきます。顔の内側から外側に向かって、ほおやひたいなど広い部分から、鼻、あごとていねいにふくようにつけます。首にもつけることをおすすめします。首につける場合は、首の下から上に向かって、ふくようになじませます。足りない場合には、同じコットンに少量の化粧水をたしてつけましょう。

片手のひらから、こぼれないくらいの量を出し、両手のひら全体に広げ、顔の中心から外側へ、大きく円を描くようにのばします。化粧水がなじんだら、もう一度同じことを繰り返します。肌全体がうるおうまで、ていねいになじませてください。

首にもつけることをおすすめします。首につける場合は、首の下から上に向かって、両手のひら全体を使い、軽くすりあげるようになじませます。


保水ローション

エステサロン専用化粧水
美白化粧水/ローションの続きを読む

乾燥肌&アンチエイジング用

業務用クレンジング化粧品 幹細胞グレープトニック 
内容量 125ml
成分 水,ブドウ果実エキス,エタノール,グリセリン,ブドウ果実成長点細胞培養物 ,ブドウ果皮エキス,サリチル酸Na,サリチル酸,アスコルビルリン酸Na,マンダリンオレンジ油,香料,レモン油,クエン酸,安息香酸Na,ソルビン酸K,リモネン
肌タイプ ■乾燥肌
特徴 植物性の幹細胞であるグレープステムのエキスが、潤いを与えます。
使用方法 500円硬貨大をコットンに含ませ使用します。

美肌フィト(植物性成分のお話)

幹細胞エキス
グレープの幹細胞培養エキスが、乾燥しがちなお肌や加齢による活力のないお肌に弾力を与え、きめを整えます。

ホワイトニング・美白用

業務用化粧品  ブラックソーントニック 
内容量 125ml
成分 水、ブラックカレントエキス、メリッサエキス、変性アルコール、グリセリン、サリチル酸Na、アスコルビン酸
肌タイプ ■脂性肌
■ノーマル肌
■タルミ肌
特徴 サワーチェリーとブラックカラントのエキスが、潤いを与えます。
使用方法 500円硬貨大をコットンに含ませ使用します。

美肌フィト(植物性成分のお話)

ブラックソーン ブラックカラント
仏名ではカシスで和名はクロスグリ。・主要成分:ビタミンCやアントシアニン。作用:美白、皮膚再生・消炎作用、抗酸化作用。